ソニー、LEDを使った高画質ディスプレイ技術「CLEDIS」開発--2017年に商品化へ

加納恵 (編集部)2016年05月19日 16時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、表示素子にLEDを用いた新方式ディスプレイシステムを発表した。微細なLED素子を光源とする独自開発の高画質ディスプレイ技術「CLEDIS(クレディス)」を採用し、高コントラスト、広視野角、広色域を実現する。発売は2017年の1~3月。

 CLEDISとは、画面表面にR(赤)、G(緑)、B(青)のLED素子を配置した画素を、画素毎に駆動させる自発光のディスプレイ方式。ソニーが2012年に開発発表をした「Crystal LED Display」の技術をベースにした独自開発した。

 ディスプレイシステムは、ディスプレイユニット「ZRD-1」とディスプレイコントローラー「ZRCT-100」から構成され、ディスプレイユニットは高さ403mm×幅453mmのユニットを任意の数で組み上げることが可能。複数接続して拡張可能なディスプレイコントローラーと併せて使用することで、画面の大きさや縦・横比率を使用用途や設置場所に合わせて自由に設定できる。

 1画素の光源サイズは約0.003平方ミリメートルと小さく、画面表面の黒色が占める割合を99%以上に高められるため、暗環境はもとより明環境下においても黒が沈んだ非常に高コントラストな映像を実現。視野角はほぼ180度で、隅々まで明るさや色のむらが無い高画質な映像を再現する。

 高精度な組立・補正技術を適用することで、ユニット部を拡張しても、目地の目立たない単一パネルのような大画面を表現できるとしている。ソニーでは、医療や研究機関、博物館、工業デザインなどで使用するディスプレイとして最適としている。


CLEDIS技術を採用したディスプレイシステム(サイズ含めイメージ)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加