logo

Facebook、360度動画「Here and Now」披露--360度カメラリグ「Surround 360」で撮影

Lynn La (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年05月18日 12時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookが開発者会議「F8」で360度カメラリグを発表してから1カ月が経過したが、同社はこのほど最初の360度動画を披露した。タイトルは「Here and Now」だ。

 この没入感のある3分間の映像は、ニューヨークを象徴するグランドセントラル駅で、1テイクで撮影されたものだ。視聴者は駅構内の1カ所に立ち、その視界を見知らぬ人々が横切っていく。聞こえてくる会話の断片からは、娘を見送る家族や口論するカップル、これから友人同士で出かけようとしているグループがいるのが分かる。

 動画を制作したのは、Facebook傘下のスタジオThe Factoryだ。

 「Here and Now」は、クリエイティブな試みであることに加え、カメラリグ「Surround 360」を使った映像制作の課題を模索する取り組みだ。撮影クルーは、満足のいく仕上がりになるまで、3晩にわたって13本の完成映像を撮影した。

 映像は、Facebook上か、OculusのVRヘッドセット「Gear VR」で視聴できる。

ニューヨークのグランドセントラル駅で360度カメラリグを設定するFacebookの撮影班
ニューヨークのグランドセントラル駅で360度カメラリグを設定するFacebookの撮影班
提供:Facebook

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集