FacebookのザッカーバーグCEO、トレンドトピック問題で声明

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年05月13日 13時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの最高経営責任者(CEO)Mark Zuckerberg氏は米国時間5月12日、Facebookのトレンドトピック機能が政治的に保守的なニュース媒体からの記事を排除していたという「証拠はない」と述べるとともに、Facebookの調査で異なる結果が得られた場合には対処することを約束した。

 Zuckerberg氏はFacebookへの12日付の投稿で、「この報道を非常に重く受け止めており、当社チームが同製品の品位を保っていたことを確かめるため、全面的な調査を実施している」と記している。「この報道が事実だという証拠は見つかっていない。当社の指針にそぐわないものを発見した場合、それに対処するためにさらなる措置を講じることを約束する」(Zuckerberg氏)

 Facebookがトレンドとなっている記事を決定するプロセスは今週に入って、全米の注目を集めている。そのきっかけとなったのは、Facebookの「ニュースキュレーター」が政治的に保守的なニュース媒体の記事を月間ユーザー16億5000万人の目に触れないよう排除することを指示された、というテックブログGizmodoの報道だ。

 さらにZuckerberg氏は、今後数週間以内に「保守系リーダーやさまざまな政治的スペクトラムに属する人たちを招待し、今回の問題について自分と対話し、考えを共有できるようにする。Facebookが支持するもの、そして、当社がいかに自社のプラットフォームが可能な限りオープンに保たれていると考えているか直接話がしたいと考えている」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加