Fossil、時計と重ね付けできるブレスレット型ウェアラブル「MISFIT RAY」発表

坂本純子 (編集部)2016年05月13日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Fossil Groupは5月13日、ウェアラブル端末MISFITシリーズの最新版として、ブレスレット型の「RAY(レイ)」を日本でも発売すると発表した。5月27日よりAmazon.co.jpや一部家電量販店、SoftBank SELECTIONオンラインショップで販売する。

 RAYは1月、International CES2016にて発表された製品で、従来は円形だったが、MISFIT初となる円柱型だ。サイズは直径12mm、長さ38mm、重さは8gと軽くシンプルで、アクセサリ感覚で身に着けられる。腕時計やバングルなど、ファッションアイテムとのコーディネートを意識したデザインだ。

ブレスレット型ウェアラブル「MISFIT RAY」
ブレスレット型ウェアラブル「MISFIT RAY」

 MISFIT SHINE 2と同様、3軸加速度センサで睡眠と活動量を計測し、アプリに同期できるほか、バイブレーション機能でユーザーに振動で活動状況をフィードバックする。この振動を利用して運動を促したり、SMSや電話の着信をお知らせしたりできるほか、無音の目覚まし時計としても利用可能だ。50m防水仕様で、電池を使用するため充電は不要。最大6カ月間使用できる。

 ただし、従来はLEDの光り方で分かる簡易的な時計機能が付いていたが、RAYではなくなった。

 さらにMISFIT LINKアプリを使用することで、自撮りシャッターボタン、音楽再生ボタンをはじめとしたスマートフォンの操作も行える。

カーボンブラックとローズゴールドの2種類
カーボンブラックとローズゴールドの2種類

 本体色はカーボンブラックとローズゴールドの2種類。いずれもスポーツバンドモデル(税別:1万2800円)とレザーバンドモデル(同:1万5800円)を販売する。市販の8mmの時計用バンドを用いて着せ替えができる仕様で、ユーザーオリジナルのRAYにアレンジも可能だ。

また、5月13〜26日まで、公式オンラインショップで先行予約を受け付ける。レザーバンドのRAYを予約すると、レザーブレスレットを数量限定でプレゼントするキャンペーンも実施する。

 FOSSILは1984年に生まれたファッションアクセサリを専門とする米国メーカーだ。世界一の時計販売数を誇るという。Misfitは2011年、Sonny Vu氏とApple・Pepsiの元CEOであるJohn Sculley氏、AgamatrixのCTOSridhar Lyengar氏らによって設立されたベンチャー企業で、2015年11月、FOSSILはMisfitを2億6000万ドルで買収した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加