logo

グリー、フジテレビとVR領域で業務提携--制作から配信までワンストップで提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーとフジテレビジョンは5月10日、VR(バーチャルリアリティ)に関するコンテンツ制作・配信・プラットフォーム構築を含む、サービスおよび事業開発に向けた業務提携を発表した。両者で新たに、VRコンテンツ創出プロジェクト「F×G VR WORKS(仮)」を発足させる。


グリー取締役執行役員常務の青柳直樹氏(左)、フジテレビジョンコンテンツ事業局長の山口真氏(右)

 この提携により、フジテレビジョンが持つ企画・キャスティング力と映像コンテンツ制作力、グリーが持つVRコンテンツ開発力とウェブ・アプリ開発力を結集することで、良質なVRコンテンツを製作提供する体制を構築する。

 提携の第1弾として、良質なVRコンテンツの製作を希望するクライアント企業に対して、VRコンテンツ制作に関わる企画・キャスティング、撮影・編集、アプリ・機能開発、イベント運営、配信、プロモーションなど、全ての領域をワンストップで提供する。

共同プロジェクト F×G VR WORKS(仮) イメージ図
共同プロジェクト F×G VR WORKS(仮) イメージ図

 フジテレビジョンでは、2015年に総合エンターテインメントサービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」内に、次世代の映像配信技術を活用した研究開発コーナー「FOD LABO」を設置。「360度水中パノラマ水族館」「360度パノラマ花火大会」などの360度撮影したVR動画コンテンツを提供している。さらに、音楽番組「Love music」内でさまざまなアーティストのライブパフォーマンスをVR動画で収録するなど、積極的にVRコンテンツの制作・研究開発を進めていた。

 一方のグリーも、2015年9月に開催された「東京ゲームショウ2015」に初のVRタイトル「サラと毒蛇の王冠」を出展。同年11月には「GREE VR Studio」を立ち上げるなど、自社開発によるノウハウの蓄積を積極的に行っている。また、2016年4月には北米VRスタートアップを中心に投資するファンド「GVR Fund」を組成し、投資事業を開始している。

-PR-企画特集