logo

LyftとGM、自動運転タクシーの公道走行試験を1年以内に実施か

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年05月06日 11時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 配車サービスのLyftと自動車メーカーのGeneral Motors(GM)は、「Chevrolet Bolt」を使用した自動運転の電気自動車タクシーの公道における試験走行を1年以内に開始する計画だという。The Wall Street Journal(WSJ)が米国時間5月5日に報じた。Boltは、2016年後半に発売される予定だ。

 WSJによると、LyftとGMは依然として詳細を詰めているところであり、都市名は明らかにされていないが、この試験には実際に乗客が参加することになるという。乗客は、Lyftアプリを使用する際に試験の参加や不参加を表明できるほか、質問や支援が必要な場合はGMの車載テレマティクスサービス「OnStar」を利用することが可能だ。乗客はLyftアプリの最新のプロトタイプを使うことで、出発するタイミングや乗車を終えるタイミングをタクシーに伝えることができると、WSJは伝えている。

 GMは声明で、「現時点において車および技術を展開する可能性について、具体的に発表することはない」としたものの、「既に発表した、Lyftとの連携によるオンデマンドの自動運転ネットワークに関する計画を引き続き進展させていく」と述べた。Lyftは、コメントの求めに対してすぐに応じなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集