logo

FCC、チャーターによるタイムワーナー買収を承認へ

Rochelle Garner (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年04月26日 09時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦通信委員会(FCC)のTom Wheeler委員長は米国時間4月25日、Charter CommunicationsによるTime Warner Cableの買収を承認するようFCC委員に提言していると述べた。また、米司法省も780億ドルのこの買収と、104億ドルのBright House Networks買収を承認すると述べた。買収が実現すれば、CharterはComcastに次ぐ米国で2番目の規模のケーブルテレビサービスプロバイダーとなる。

 米司法省は、NetflixやHuluなどのストリーミングサービス企業がコンテンツを入手しにくくなることのないよう、Charterに制約を与える合意条件を提案すると述べた。FCCのWheeler委員長は、より多くの家庭への高速インターネットの提供につながる条件を提案している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集