logo
Indiegogo

遠く離れたペットと遊べるスマートボール「PlayDate」--ビデオで見守りも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 犬や猫に留守番させていると、危ないことをしていないか心配だし、遊び相手がいないから寂しがっていそう。家に置いてきたペットの様子が気になると、仕事も上の空になり、かえって帰宅が遅れる。

 そんな悩みを抱えている人は、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中のペット用スマートボール「PlayDate」を使うとよい。


離れていてもペットと遊べるボール(出典:Indiegogo)

 PlayDateは、犬や猫がころがして遊べるサイズのボールに、移動機構やカメラ、無線LAN(Wi-Fi)インターネット通信機能を組み込んだスマートデバイス。遠く離れた場所からインターネット経由で接続し、スマートフォン用アプリを使って操作できる。


移動機構、カメラ、Wi-Fi通信機能を搭載(出典:Indiegogo)

 カメラの映像はアプリで見られるため、アプリでPlayDateを操作して家のなかを移動させると、ペットの居場所が見つけられる。ペットの目の前で転がせば、世界中どこからでもボール遊びをしてやれる。スピーカから音を出して注意を引きつけることも可能。ヒラヒラした物に興味を示す猫のために、リボンを取り付けられるようにもなっている。


きっと犬も猫も夢中になる(出典:Indiegogo)

 内蔵カメラは、リアルタイム映像配信のほか、ビデオ録画や写真撮影にも対応。ペットを見守るだけでなく、楽しく遊ぶようすや可愛らしい寝姿を記録するのにもよいだろう。


様子を確認できて安心(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は6万ドル。記事執筆時点(日本時間4月25日14時)でキャンペーン期間は1カ月残っているが、すでに目標の2倍を超える約13万8000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集