キヤノン、高輝度LCOS液晶プロジェクタ--HDBaseT採用で100m伝送も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは4月19日、「パワープロジェクター」シリーズより、高輝度な映像投写が可能な「WUX6010」(想定税別価格:74万3000円)と、短焦点でハイレンズシフト機構搭載の「WUX450ST」(同:72万円)を発表した。4月25日に発売する。

 WUX6010/450STとも、キヤノンの光学技術と映像エンジンに加え、反射型液晶LCOS(エルコス)パネルを搭載し、高画質な映像投写を実現。1920×1200ピクセルのWUXGA解像度に対応し、WUX6010は6000ルーメン、WUX450STは4500ルーメンの高輝度な映像投写が可能だ。

 WUX6010/450STとも、レントゲン写真投写に使用されるBlue-base/Clear-base対応の「DICOM(ダイコム)SIMモード」を備える。接続規格「HDBaseT」に対応し、LANケーブル1本で、映像や音声を最長100mまで伝送することが可能だ。WUX450STはWi-Fiにも対応し、専用アプリを用いて、PCからワイヤレス投写することもできる。

 WUX6010には、別売りの投写レンズとして、短焦点から超望遠まで対応する交換式レンズを5本用意。広いズーム域持つ小型レンズの実現により、レンズ部分を目立たせずに設置ができ、すべてのレンズを本体内に収納することが可能だ。

 4種類のズームレンズには、上方に約55%、下方に約15%、左右にそれぞれ約10%分の画面移動ができる「レンズシフト機構」を搭載し、600型までの大画面投写が可能。ズームやフォーカス位置などを登録可能な「ポジションメモリー機能」も備える。本体は高さ150mm×幅380mm×奥行き430mmで、重量約8.5kg。

「WUX6010」
「WUX6010」

 WUX450STは、短焦点レンズに「ハイレンズシフト機構」を搭載し、投写画面を上方に約75%、左右に約10%シフトすることが可能。投写距離と画面横幅の長さが約0.56:1の投写比率を実現し、短い距離からゆがみなく大画面投写が可能だ。本体は高さ13.6cm×幅33.7cm×奥行き41.5cm、質量約6.3kgとコンパクトで、設置の自由度も高い。

「WUX450ST」
「WUX450ST」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加