モバイル版「Google Calendar」、目標達成のための自動スケジューリングが可能に

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年04月14日 13時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間4月12日、Android版とiOS版の「Google Calendar」に新しい支援機能「Goals」を導入した。ユーザーが希望するアクティビティのために、忙しいスケジュールの中から時間を見つける手助けをしてくれる。

 ユーザーが目標の種類や、それらを実行する頻度や時間についていくつかの簡単な質問に答えると、Googleがスケジュールを確認して最適な時間枠を見つけ、カレンダーに書き込んでくれる。たとえ別の予定とぶつかっても、Googleはユーザーを楽にはさせてくれない。目標がほかの予定とぶつかると判断した場合は、Goalsは自動的にアクティビティのためのスケジュールを調整し直す。ユーザーが目標を延期することも可能で、その場合は、別の機会に再度スケジュールされる。

 同機能は、機械学習アルゴリズムによって、使い込むほど機能が向上するとされている。このアルゴリズムは、Googleが既に検索結果の表示や、言語の翻訳、写真内のオブジェクトの特定などで使用しているアルゴリズムと同種のものだ。日常の中で目標を完了したり延期したりする回数が増えるほど、スケジューリングも改良されると、Googleは約束している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加