しゃべって二足歩行できるロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」4月14日から予約開始

坂本純子 (編集部)2016年04月14日 11時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは、小型で手軽に持ち運びができるモバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」を5月26日より発売すると発表した。

 予約販売は、4月14日13時よりロボホン公式サイトで開始する。希望小売価格は19万8000円(税別)。ロボホンは、2015年10月のCEATEC Japanでプロトタイプを発表し、2016年前半に発売を開始するとしていた。

「RoBoHoN(ロボホン)」
「RoBoHoN(ロボホン)」

 ロボホンは、ロボットクリエイター高橋智隆氏(ロボ・ガレージ代表取締役)と共同で開発したもの。高橋氏のロボット技術とシャープの携帯電話技術を融合した次世代の携帯情報通信端末だ。

 高さは約19.5cmで、重さは約390g。約800万画素のCMOSカメラやHD(1280×720画素)相当のプロジェクタも搭載する。二足歩行が可能なヒューマノイドロボットとしては極めて小さく、衣類のポケットや鞄などに入れて屋外へも手軽に持ち運べるのが特徴だ。CPUはQualcomm Snapdragon 400 1.2GHz(クアッドコア)を採用。ROMは16GバイトでRAMは2Gバイト。ディスプレイは約2.0インチ(QVGA)。

 OSはAndroid 5.0を採用するが、インストールできるアプリケーションはロボホン専用アプリのみで、一般のスマートフォンを対象にしたAndroid OSアプリは使えない。

 モバイル通信(LTE/3G/Wi-Fi)に対応し、VoLTEの音声通話をはじめ、メールやカメラ、液晶タッチパネルなど携帯電話の基本機能を搭載。小型プロジェクタも搭載しており、ロボホンに話しかけると撮影した写真や映像、地図などを壁や机などに投影できる。

電話もできる
電話もできる

 各機能はロボホンとの音声対話で操作可能。顔認識もでき、シャープがこれまで携帯電話事業で蓄積してきたコミュニケーション機能を活用し、ロボホンにもさまざまなコミュニケーション動作やキャラクター性によって自然な対話を実現しており、愛着を持って利用できるとしている。内蔵バッテリで1日以上の使用(1日約130分の使用を想定)が可能。

利用に必須の「ココロプラン」は月額980円から

 ロボホンを利用するには、月額980円(税別)の「ココロプラン」への加入が必須だ。ココロプランによって、対話やカメラ、プロジェクタなどすべての機能が使えるようになる。ココロプランに加入しない場合、音声通話ができない。また、加入にはクレジットカードが必要で、登録は日本国内に居住する人が対象になる。

ロボホンの本体+月額980円から
ロボホンの本体+月額980円から
基本のココロプランとオプションサービス
基本のココロプランとオプションサービス

 さらにシャープでは、ロボホンの販売開始に伴い、MVNOとしてモバイル通信サービスも開始する。1GバイトのデータSIMプランは月額650円(税別)〜、音声通話SIMは月額1350円(税別)〜。なお、ロボホンの電話以外の機能はWi-Fi環境でも利用できる。

 このほか、オプションの保守パックサービスとして、商品購入後、5年間は修理費用を50%割り引く月額990円(税別)の「ケアプラン50」と、70%を割り引く月額1650円(税別)の「ケアプラン70」がある。

  • ココロプランが持つ機能

  • オプションの保守サービス

  • ロボホンのパートナー。アプリを開発する企業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加