アップルと米大リーグが提携--「iPad Pro」を監督やコーチに支給へ

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦2016年03月31日 12時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「iPad Pro」が、2016年シーズンのMajor League Baseball(MLB)で全チームのダグアウトに導入されることになった。これはThe Wall Street Journal(WSJ)が報じたもので、AppleとMLBが締結した複数年契約の一環だという。

 コーチ陣は、12.9インチのiPad Proを使って、選手の戦績を今シーズンと過去のシーズンの統計データから分析したり、ピッチャーとバッターの対戦成績を比較したり、選手がグラウンドのどの方向にヒットを打つことが多いかを示す「スプレーチャート」(打球方向分析図)を表示したりできるようになる。さらには過去の試合のプレー動画を頭出し再生することも可能だと、WSJは報じている。

 契約の詳しい条件は明らかにされていない。MLBはこの提携に関するコメントを拒否しており、Appleもコメントに応じていない。

 監督やコーチに支給される12.9インチのiPad Proには、MLBの関連会社であるMLB Advanced MediaがAppleの支援のもとで開発した専用アプリ「MLB Dugout」があらかじめインストールされる。また、このiPad Proで利用できる試合データは、リーグ全体のデータベースから提供されるのではなく、各チームが用意することになると、WSJは伝えている。

AppleのiPad Proは、MLBのコーチ陣が今シーズンの試合で判断を下すのを支援するために使用される予定だ。
AppleのiPad Proは、MLBのコーチ陣が今シーズンの試合で判断を下すのを支援するために使用される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加