TOKYO MXとアクトビラ、ハイブリッドキャスト使用のIPマルチキャスト4K映像配信を共同実験

加納恵 (編集部)2016年03月25日 15時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)とアクトビラは、地上デジタル放送からハイブリッドキャストを経由して、IPマルチキャストによる4K映像配信サービスの共同実験を実施すると発表した。

 実施時期は夏ごろを予定しており、NTT東日本のIPv6などに関する技術協力のもと、IPマルチキャスト配信網としてフレッツ・キャストを使用する。

 TOKYO MXとアクトビラは、2K地上デジタル放送からハイブリッドキャストを経由し、4KIPマルチキャスト配信へシームレスに映像を切りかえるための技術、地上、衛星デジタル放送の映像送出設備を改修することなく4K映像を配信するためのIPマルチキャスト配信技術についての課題検討をしていく。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加