logo

ドワンゴとワタナベエンタ、niconicoで活躍するゲーム実況者のマネジメント会社を設立

佐藤和也 (編集部)2016年03月09日 12時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 動画サービス「niconico」を提供するドワンゴと、アーティストのマネージメントやコンテンツ制作を手がけるワタナベエンターテインメントは3月9日、ゲーム実況者などのマネジメントおよびプロデュースを行う合弁会社「株式会社ワタナベアマダクション」を、2月12日付けで設立したと発表した。

 ワタナベアマダクションは、niconicoで活躍するゲーム実況者をはじめとしたユーザーのマネジメントおよびプロデュースすることを目的として設立。ネットに加え、リアルの場での活動を広げるサポートを行っていく。またワタナベエンターテインメント所属タレントのniconicoを使った新たな企画、制作も行い、リアルとネットに親和性のある次世代スターをプロデュースしていくという。

 ワタナベアマダクションの資本金は2000万円で、出資比率はワタナベエンターテインメントとドワンゴが50%ずつ。代表取締役社長にはワタナベエンターテインメントの土居大樹氏が就任する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]