logo

Makuake、製品化された商品を販売できるEC機能「Makuake STORE」を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェント・クラウドファンディングは3月8日、同社の運営するクラウドファンディングサービス「Makuake」において、資金調達が成立し、製品化された製品の販売を可能にするEC機能「Makuake STORE」を公開した。

 同社によると、Makuakeのプロジェクトは、クラウドファンディング終了後も多くのアクセスが集まっており、「製品を購入したい」という声が多く寄せられていたという。Makuake STOREによって、プロジェクト終了後も、ストーリーを理解した上で製品を購入してもらえるようになるとしている。

 月額費用は当面無料。プロジェクトで利用していたウェブ画面から商品登録ができる。同社では、6月末までに100社の販売開始を目指すとしている。


「Makuake Store」

-PR-企画特集