4K3K全方位の映像で監視、無線LANで送信も--シャープ、ネットワークカメラ

坂本純子 (編集部)2016年03月04日 16時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは3月4日、4K3Kの高解像度で全方位の映像監視を実現し、映像データを無線LANで送信できるネットワークカメラ「QG-B20C」を発表した。この画質のネットワークカメラは、国内では初という。希望小売価格は43万5000円(税別)。発売は4月を予定している。

ネットワークカメラ「QG-B20C」
ネットワークカメラ「QG-B20C」

 シャープが独自開発した12メガピクセル1型CMOSイメージセンサにより、4K3K(4064×3048、最大15fps)の高解像度で撮影し、高精細な映像で全方位を監視できるのが特徴だ。

 4K3Kほか1280×960、VGA(640×480)の3種類の画質で全方位映像を同時に出力できる「トリプルエンコーディング」に対応。例えば、常時録画は1280×960で記録し、詳細な確認が必要なアラーム発生時には4K3Kの高画質で記録、モニタ表示にはネットワーク帯域を抑制したVGA画質で配信するなど、効率的な運用が可能だ。

 無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠)に対応し、高画質の映像データを手軽に送信可能。防水・防塵、耐衝撃設計にも対応し、屋外でも設置できる。

 さらに監視中の異常発生をカメラで検知し、録画の開始やアラーム通知などを行う画像解析機能を搭載。設置したエリアへの動体の侵入検知や、物体の置き去り・持ち去り検知に加え、人数のカウントや駐車場の空きスペース検知など独自の画像解析機能により、監視業務の効率化だけでなく、さまざまなサービスやソリューションを構築できる。

 シャープでは、無線スマートネットワーク事業の新たなラインアップとして、無線バックホール方式の無線LANアクセスポイント「QX-C300シリーズ」とQG-B20Cによるソリューションを提案する。3月8~11日まで東京ビッグサイトにて開催されるセキュリティ・安全管理 総合展「SECURITY SHOW 2016」で実機の展示とデモが見られる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加