logo

T・クック氏、「iPhone」ロック解除をめぐる裁判所命令を非難--銃乱射事件の捜査で - (page 2)

Richard Trenholm (CNET News) 翻訳校正: 編集部2016年02月18日 08時38分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「これは、企業が捜査に使われる可能性を視野に入れ、証拠を明らかにするための技術設計を強いられるべきかどうかという問題だ。Appleなどの企業はこれまでそれを拒否してきた」と、プライバシーを擁護する電子プライバシー情報センター(EPIC)所長のMarc Rotenberg氏は17日、NPRとのインタビューで述べた。

 Cook氏は、Appleは「テロリストを支持するつもりは全くない」としたうえで、それでも、1789年のAll Writs Act(全令状法)を適用してこのような対策を求めるのは米政府の「行き過ぎた行為」であると述べた。

 「われわれは、米国民主主義に対する深い敬意と祖国への愛情をもってFBIの要請に異議を申し立てる」とCook氏は締めくくった。「FBIの意図が善意によるものであると分かってはいるが、バックドアを設けるように政府がわれわれに強制するのは間違っている。最終的には、この要請によって米政府が保護するはずの自由と権利そのものが損なわれかねないとわれわれは懸念する」(Cook氏)

AppleのCEOであるTim Cook氏は「バックドアを設けるように政府がわれわれに強制するのは間違っている」と述べる。
AppleのCEOであるTim Cook氏は「バックドアを設けるように政府がわれわれに強制するのは間違っている」と述べる。
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]