logo

“聴くアート”を体験できる「FREE SOUND 解き放たれるオト展」--大阪で開催 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回のテーマ「FreeSound」は、1987年に開催されたアルスエレクトロニカフェスティバルのテーマであり、併載のコンペティション、プリ・アルスエレクトロニカに音楽部門が加わったのも87年であった。それから30年の間に、アーティストたちは音楽の新しい表現手段に挑戦し続け、中でも日本人アーティストは過去最多の6回もトップに選ばれている。会場ではそうした、音楽とアルスエレクトロニカの関わりについても紹介されている。

 今回の展示に合わせて来日した、アルスエレクトロニカのディレクターであるマーティン・ホンツィック氏は「30年間で音メディアは大きく変化しており、その変遷を知ることと、作品の体験を通じて、来場者のみなさんに日常生活に新たな気付きを提供したい」とコメントしている。

マーティン・ホンツィック氏

 展示作品はいつもどおりオープンスペースで公開されており、ほかの常設展示と合わせて無料で体験できる。

  • FREE SOUND 解き放たれるオト展
  • 開催日時:2016年1月28~4月10日 10:00~21:00
  • 入場無料(他のイベントがある場合は一部体験できない場合がある)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]