ソニー、海でも使えるスポーツ用「Walkman W」--周囲の音もキャッチ

加納恵 (編集部)2016年01月26日 13時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月26日、ヘッドホン一体型デジタルオーディオプレーヤー「Walkman W」シリーズに「外音取り込み機能」を搭載した「NW-WS414/413」を発表した。発売は2月13日。想定税別価格は, 8GバイトメモリのWS414が1万4000円前後、4GバイトモデルのWS413が1万1000円前後になる。

「NW-WS414/413」。ボディカラーはブルー、ブラック、アイボリー
「NW-WS414/413」。ボディカラーはブルー、ブラック、アイボリー

 IP6X相当の防塵性能とIPX5/IPX8相当の防水性能を施し、ランニングやエクセサイズなどのスポーツ用モデルとして最適。塩水にも対応し、ビーチなどでの使用も可能になった。

 新たに搭載した、外音取り込み機能は、内蔵マイクが周囲の音をキャッチすることで、音楽に周囲音や人の声をミックスして聞こえるようにできるというもの。外音の大きさは低、中、高の3モードから選択が可能で、ランニング時などの安全性を考慮しているという。

 重量は32gと、現行機に比べ3gほど重くなっているが、耳付近のラウンド形状により装着性を大幅に向上。上向きに装着できるため、水流の抵抗を受けにくく、水泳時もしっかりとホールドされるとしている。ソニーでは、国内外で装着テストを実施し、今回の形状にたどり着いたとのことだ。

 ボディカラーはブラック、ブルー、アイボリーの3色で、4Gバイトモデルはブラックのみ。リチウムイオン充電池で駆動し、約1.5時間の充電で最大約12時間(外音取り込み機能オフ)の使用が可能。3分の充電で60分使用ができるクイックチャージ機能も内蔵する。

  • 「外音取り込み機能」は専用ボタンを用意

  • 13.5mmのダイナミックドライバを搭載したイヤホン部

  • 専用ケース「CKS-NWWS410」(想定税別価格:2500円)も用意

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加