logo

インテル「Compute Stick」(2016年モデル)レビュー--Windows 10搭載スティック型PC - (page 3)

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年01月27日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 実際に使ってみても、今回のモデルは初代よりもたつきが少なくなっていると感じた(おそらくWindows 10と「Edge」ブラウザのおかげだろう)が、同時に複数のタスクを実行するときはやはり苦戦していた。使い始めたら後は操作の要らないタスク、たとえば「Netflix」や「YouTube」の動画ストリーミングなどは、いったんストリーミングが始まれば途切れずに動く。

 基本的なゲーミングも、まったく話にならないということはなかったが、もともと内蔵ストレージの容量が非常に少ないので、サイズの小さい旧式のゲーム数本しか入らないだろう。筆者が試して十分にプレイできたセミクラシックゲームには、「Torchlight」と「Amnesia: The Dark Descent」があった。どちらも、ほとんどどんなハードウェアでもプレイできるゲームとして知られているタイトルだ。もっと大きなゲームを試したければ、内蔵のmicoSDカードスロットを使うといい。最大128Gバイトのカードまで対応している。

結論

 スティック型PCの価格は早くも下がりつつあり、100ドル台にまで近づいているため、159ドルのIntel Compute Stickは、機能のわりに高いことになる。とはいえ、今回のモデルはパフォーマンスが(比較的)良く、USBポートが2基になったので、利便性が大きく向上する可能性もある。

 さらにスムーズな操作感をもっと安い価格で求めるなら、ASUS Chromebitだ。こちらの方がウェブ閲覧は快適だった。しかし、Chrome OSのシステムなので、それ以上は望めない。アプリケーションをインストールできないからだ。スティックPCでWindowsを使いたいが、メインストリーム並みのパワーが必要という場合には、Intel「Core M」プロセッサ搭載の新バージョンが2016年に発売される。ただし、価格は2倍以上になってしまう。

 ちょっとした用途や旅行先でメディアストリーミングやウェブ閲覧に使うマシン、業務用のファイルやアプリを安全に持ち運ぶためのデバイス、あるいは古いテレビやモニターの再利用という程度の目的であれば、Intel Compute Stickは衝動買いできる値段をやや超えている。Intelが価格を99ドル前後まで下げれば、万一に備えて引き出しにしまっておくような製品としてお薦めしたいところだ。

マルチメディアマルチタスキングテスト3.0

Intel Compute Stick(2015年モデル)
1,747
Intel Compute Stick(2016年モデル)
1,925
Lenovo Ideapad 100S
2,182
Kangaroo Mobile Desktop
2,678
注: 数値が小さいほど高パフォーマンス(単位:秒)

Apple iTunesエンコーディングテスト

Kangaroo Mobile Desktop
328
Intel Compute Stick(2015年モデル)
419
Lenovo Ideapad 100S
428
Intel Compute Stick(2016年モデル)
436
注: 数値が小さいほど高パフォーマンス(単位:秒)

JetStream(JavaScriptベンチマーク)

Kangaroo Mobile Desktop
48.597
Intel Compute Stick(2016年モデル)
40.39
Lenovo Ideapad 100S
33.576
Intel Compute Stick(2015年モデル)
23.8
注: 数値が大きいほど高パフォーマンス

Intel Compute Stick(2016年モデル) Microsoft Windows 10 Home(32ビット)、1.44GHz Intel Atom x5-Z8300、2GバイトDDR3 SDRAM 1,600MHz、128Mバイト(専用)Intel HD Graphics、32GバイトSSD
Lenovo Ideapad 100S Microsoft Windows 10 Home(32ビット)、1.3GHz Intel Atom Z3735F、2GバイトDDR3 SDRAM 1,333MHz、32Mバイト(専用)Intel HD Graphics、32GバイトSSD
Intel Compute Stick(2015年モデル) Micorsoft Wiindows 8.1(32ビット)、1.33GHz Intel Atom Z3735F、2GバイトDDR3 SDRAM 1,333MHz、64Mバイト(専用)Intel HD Graphics、32GバイトSSD
Kangaroo Mobile Desktop Microsoft Windows 10 Home(64ビット)、1.44GHz Intel Atom x5-Z8500、2GバイトDDR3 SDRAM 1,600MHz、144Mバイト(専用)Intel HD Graphics、32GバイトSSD

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]