logo

MacBook Airのような打鍵感とiPad Proを包み込むカバー--ロジクール「CREATE」レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回のレビューは、ロジクールから発売されているiPad Pro向け外付けキーボード、「CREATE」だ。Apple自身も「Smart Keyboard」として、キーボードを搭載したiPadカバーを発売しているのはご存じのとおりだ。このCREATEは純正品と同じタイミングで発表されたもう一つの外付けキーボードであり、実はAppleとLogitech(Logicool)がパートナーとして共同で開発したものという。


パッケージ画像

カバンの中に気軽に入れられる

 AppleのSmart KeyboardはiPad Proの厚みをさほど大きく変えずに、キーボードごと持ち運べるのがポイントで、iPad Proユーザー必携の純正アイテムと言えるだろう。ただし、問題点もある。iPad Proの広大でメタリックな背面まではカバーしてくれないことだ。

 個人的には、カバンの中にiPad Proと他の道具と一緒に入れるとき、本体が傷つきそうで気になってしまう。キーボードを簡単に持ち運びつつiPad Proも大切に扱いたい──。そんなニーズにマッチするのが、ロジクールのキーボード付きカバー、CREATEだ。


CREATEを開封したところ。少し目が粗いファブリック調のテクスチャは、汚れにくく、扱いやすそうだ

 CREATEは、iPad Proを横長に構えて、上半分をカバーと固定する形で装着する。これによって電源ボタンや音量ボタン、カメラ、スピーカはケースに覆われることになるが、それぞれアクセス可能なように工夫してある。

 カバーに覆われるボタン類に関しては、かなり固く、押しにくくなってしまう点はマイナスポイントだ。ただ、実際に使って見ると、差ほど不便さは感じなかった。音楽や動画再生時の音量、あるいは着信音などの音量は、iPad Proの画面上でコントロールできる。電源ボタンもCREATEの開閉で画面の点灯、消灯を行えるからだ。

Smart Connectorと2つのポジション

 CREATEの側面を見ると、非常に豊かな曲線のカットが施されている点に気づく。この形状は、キーボードスタンドとして利用する場合と、キーボードを隠して適度な傾斜で指、もしくはApple Pencilで操作する場合の2つのポジションを実現し、iPad Proで特徴的な使い方を存分に楽しめるように工夫されているのだ。

CREATEにiPad Proを装着して側面から観たところ。独特のデザインが特徴的で、キーボードスタイルに加えてタブレットとして使う際のスタンド機能も備えている
CREATEにiPad Proを装着して側面から観たところ。独特のデザインが特徴的で、キーボードスタイルに加えてタブレットとして使う際のスタンド機能も備えている

 CREATEのキーボードは、Bluetoothではない。Smart Keyboardと同じ、3点式の接点、Smart Connectorをサポートしている。そのため、キーボードスタンドのポジションにセットすればすぐに打ち始められる。しかも、バックライトが点灯するため、暗い飛行機の機内などでも使いやすくなる。


AppleのSmart KeyboardとロジクールCREATEの比較。違いはキーの深さ、バックライトの有無、十字キーの形状、ファンクションキーの有無だ

 Smart Connectorのサポートは、確かにiPad Proでしか使用できないデメリットはある。しかしBluetoothのペアリングや認識の煩わしさなく、またiPad Pro本体からバッテリが供給されることから、手間を考えるとこちらの方が楽といえる。

-PR-企画特集