logo

ソニー、ハイレゾ録音に対応したICレコーダー--専用アプリでスマホ連動も

加納恵 (編集部)2016年01月19日 17時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月19日、「可動式マイク」を搭載し、講演会から楽器演奏録音まで対応するICレコーダー「ICD-SX2000」を発表した。発売は2月13日。想定税別価格は3万円前後になる。


「ICD-SX2000」

 96kHz/24bitのリニアPCM録音ができ、可動式マイクを平行、外側、内側に向けることで、講演、会議、楽器演奏など幅広い録音シチュエーションに対応。内蔵のハイレゾ対応デジタルアンプで、192kHz/24bitのリニアPCM/FLACといったハイレゾ音源も再生可能だ。

 専用アプリ「REC Remote」を使用すれば、スマートフォンから遠くに置いたICレコーダーの操作が可能。録音情報の表示や、レベルメーター、トラックマークの付加などができる。

 独自の高音質技術であるフルデジタルアンプ「S-Master HX」を備え、デジタルノイズの影響を抑えた高音質再生を実現。「クリアボイス機能」を再チューニングすることで、会話録音性能を向上している。

 サイズは高さ120.0mm×幅44.0mm×奥行き14.5mmで、重量約98g。16Gバイトの内蔵メモリとmicroSDカードスロットを設ける。内蔵リチウムイオン充電池で駆動し、USB充電にも対応する。

  • 平行、外側、内側に動かすことができる可動式マイク

  • 専用アプリ「REC Remote」を使って遠隔操作が可能

  • USB端子は本体に内蔵する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集