logo

ビッグローブ、公衆無線LANサービス「BIGLOBE Wi-Fi」を2月1日から提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビッグローブは1月18日、現在提供中のWi-Fiサービス「Wi-Fiスポット」を強化し、利用対象者を拡大した公衆無線LANサービス「BIGLOBE Wi-Fi」の提供を2月1日から開始すると発表した。同サービスは法人向けにも提供するという。

 これまで提供していた「Wi-Fiスポット」は、モバイル通信サービス「BIGLOBE SIM」利用者のみが対象のオプションサービスだったが、BIGLOBE Wi-Fiでは、ライセンスを取得した利用者すべてが全国のコンビニや主要駅、東海道新幹線N700系車内、スターバックスなど、8万カ所のアクセスポイントを利用できるようになる。

 さらに、BIGLOBE SIM利用者に加え、BIGLOBE接続会員もライセンス取得が可能になるほか、現在、BIGLOBE接続会員ではない希望者も、月額税別200円のBIGLOBEの「ベーシック」コースに加入することで、同サービスの利用が可能となる。

 BIGLOBE Wi-Fiの利用料は1ライセンスあたり月額税別250円で、BIGLOBE SIMライトSプラン、12ギガプラン契約者は、1ライセンスを月額無料で利用可能。

ビッグローブ

 また、複数端末での利用や家族でのWi-Fi利用の要望を受け、従来のWi-Fiオプションサービスでは、1つのBIGLOBE IDにつき1ライセンスのみの提供(スタンダードプランを除く)だったが、BIGLOBE Wi-Fiでは1つのBIGLOBE IDあたり最大10ライセンスまで追加可能(1ライセンスあたり月額税別250円)。

-PR-企画特集