logo

アマゾン「Fire HD 8」レビュー(前編)--全体的な特徴、デザイン、新OS「Bellini」 - (page 3)

Xiomara Blanco (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2016年01月20日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メニューページには、自分がライブラリに所有しているメディアのほか、Amazonからのお薦めコンテンツも表示される。購入履歴やダウンロード履歴に基づいて、ユーザーが興味を持ちそうなPrimeコンテンツを紹介しようとする。筆者へのお勧めは、特に音楽についてはかなり正確だったが、新しいものを紹介されたことはなく、気に入ったがライブラリに入っていないものだけだった。

仲の良い友達のように、Amazonは新しい楽曲、ビデオ、アプリを試すよう勧めてくれる。
仲の良い友達のように、Amazonは新しい楽曲、ビデオ、アプリを試すよう勧めてくれる。
提供:Screenshot/Xiomara Blanco

 これに関連して、Amazonのタブレットとしては初めてmicroSDカードスロットが搭載され、さらにうれしいことに、Primeコンテンツをメモリカードにダウンロードできるようになった。そのため、内部ストレージの空き容量を以前より確保できるようになり、ダウンロードできるメディアの量も増えることになる。

 ストリーミングビデオのアップグレードとしては、新たに「Advanced Streaming And Prediction」(ASAP)機能が採用された。ユーザーの視聴習慣に基づき、ユーザーが視聴しそうな番組や映画を選択されるより前に予測して、ビデオを事前にバッファすることで、ロード中の待ち時間をなくそうという機能だ。内部的に動作する機能なので、注意して見ないとその効果には気付きにくい。筆者はテレビ番組を連続でストリーミングしていたとき、前のエピソードが終わると、すぐに次のエピソードがスタートしたことに気づいた。だが、何か新しいものを見ようとしたときは、選択した後、バッファリングにまだ数秒かかっていた。この違いは、レビュー機のOSが初期バージョンだったためかもしれない。いずれにしても、ASAP機能がうまく動作するときは、十分その名にふさわしい機能と言えそうだ。

8Gバイトモデルを購入するなら、microSDカードは必須だ。
8Gバイトモデルを購入するなら、microSDカードは必須だ。
提供:Josh Miller/CNET

 Amazonのタブレットが、読書用の端末としても素晴らしいことを忘れないでおこう。Fire HD 8は「Kindle」とシームレスに統合されており、そこにWord Runner機能が加わった。これは個々の単語をユーザーが好きなペースで表示できる速読機能だ。類似の機能を持つ「Spritz」というソフトウェアを聞いたことがあるかもしれないが、Word RunnerはFire OSに組み込まれており、ほとんどの英語の書籍で機能する。一度に1単語ずつに集中できるので、読解の役に立つということは理解できるが、個人的には、ページ全体を自分のペースで読むときほど楽しめなかった。その味わいに、いやこの場合は見た目に慣れるまで、時間がかかる機能なのだろう。

 Fire HD 8の機能の豊富さに圧倒されてしまったという人は、「Mayday Screen Sharing」が各機能の理解に役立つはずだ。タブレット上でAmazonにサポートを依頼すると、タブレットの画面をカスタマーサービス担当者と共有して、自分の画面を見てもらいながら、解決策を探す手助けをしてもらえる。

 後編に続く。

ビデオ好き向け機能
ビデオ好き向け機能
提供:Josh Miller/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]