マクセル、カナル型ヘッドホン「+FiT」シリーズ3タイプ--新開発イヤーピースで音漏れ低減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルは1月13日、カナル型ヘッドホン「+FiT」シリーズとして、「MXH-C110」3タイプを発表した。カナル型標準タイプ「MXH-C110」(想定税別価格:980円)10色、カナル型コード巻き取りリールタイプ「MXH-C110R」(同:1280円)10色、カナル型スマートフォン対応リモコンタイプ「MXH-C110S」(同:1480円)4色のラインアップとなる。発売は1月25日。

 MXH-C110は、耳に沿ったなめらかなカーブのハウジング形状を持つダイナミック型。硬度改良したシリコン素材のイヤーピースを採用し、装着感の向上を図るとともに、音漏れの低減、騒音の遮断性を向上した。

 定在波を低減する効果のある筐体設計で、クリアサウンドを実現。耳の奥まで届くロングポートを採用することで、重厚な迫力音をダイレクトに伝えるという。

 カナル型スマートフォン対応リモコンタイプには、ハンズフリー通話ができるマイク付きリモコンが付属。ボタン操作による電話の着信応答、通話終了のほか、音楽の再生、停止、曲送り、曲戻しができる。

カナル型ヘッドホン「+FiT」 MXH-C110
カナル型ヘッドホン「+FiT」 MXH-C110
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加