logo

ベトナムでグーグルに対抗--現地大手のブラウザ検索エンジン「CocCoc」の3つの強み - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleを追い上げる今後の戦略は?

 CocCocは、サービスリリース当初に情報感度の高い若者が集まるハノイやホーチミンでPR活動を展開した。使用感に対するフィードバックの収集やネット利用に対するニーズなどに時間を費やし、改良を加えることでユーザーを獲得していった。現在もCocCocのFacebookページに「いいね!」をしている65万人のユーザーの意見を参考にしているという。

 CocCocがサービスの開発に力を入れていることは、同社の社員構成からも伺える。現在の300人の社員数のうち、7割がエンジニアだ。


CocCocの創業者 Victor Lavrenko氏

 CocCocの創業者であるLavrenko氏はロシア出身の元エンジニア。かつてロシアでGoogleと競い合っていた検索エンジン「Nigma」の創業者でもあ る。2010年にロシアで創業の準備を始め、2年後の2012年にハノイで会社を設立。そして、2013年にCocCocを正式リリースした。開発チームの主要メンバーはロシア人で、その一部はLavrenko氏とNigma時代をともにした仲間だ。

 CocCocはリリースから10カ月で1000万人ユーザーを獲得し、1年4カ月でブラウザ検索エンジンとして国内第2位の地位を獲得した。今ではインターネットユーザー総人口の24%が利用している。


2014年5月から2015年8月までのベトナムにおける主要ブラウザのシェアの推移(引用元:stetcounter

 Google ChromeとCocCoc、両者の特徴を踏まえると、ユーザーは利用シーンによって使い分けることがありそうだ。ビジネス関連機能が充実しているGoogle Chromeは仕事で、CocCocは普段使いなのかもしれない。グラフを見るとCocCocは、Firefox、IE、Safariなどの大手ブラウザを上回るシェア率となっている。

 収益源は広告収入。広告メニューは「検索連動型」と「検索履歴連動型」のバナー広告がある。後者の検索履歴連動型は、検索履歴にあるキーワードと関連したバナー広告が、新しいタブを開いたときに表示されるというものだ。最近は、広告営業の日本向け窓口を設置。広告を出稿したい日系企業に日本語で対応できるようにしている。現状はローカルの企業や個人事業主に向けてセミナーを開催し、インターネット活用の基礎から理解してもらうように努めている。

CocCocに表示される広告のイメージ
CocCocに表示される広告のイメージ

 CocCocはいま、位置情報を活用したサービスとモバイル版検索エンジンの準備を進めている。世界的に見ても珍しい「Googleを脅かす企業」として、CocCocの今後の成長を引き続き注視したい。


CocCocのオフィス

(編集協力:岡徳之)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]