logo

「Apple Pay」、中国で2016年初旬に利用可能に--アップル、China UnionPayと提携

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年12月18日 12時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleのモバイル決済サービス「Apple Pay」が世界最大のスマートフォン市場に進出することがついに確実となった。

 カリフォルニア州クパチーノを拠点とするAppleは米国時間12月17日、China UnionPay(中国銀聯)と提携し、中国のApple Payユーザーがクレジットカードやデビットカードを同モバイル決済サービスに加えられるようになることを発表した。Appleは、同サービスの開始時期が規制当局の試験と認定後となり、早ければ2016年初旬となるとしている。

 Appleでインターネットおよびサービスを統括するEddy Cue氏は「中国はAppleにとって非常に大事な市場であり、China UnionPayおよび中国内主要銀行15行のサポートにより、ユーザーは便利でプライベート、そして安全な支払いエクスペリエンスを間もなく得るようになる」と声明で述べた。

 今回の提携に関する諸条件は明かされていない。

 Apple Payは、2014年に米国で提供開始となったのを皮切りに他国へも拡大している。同サービスは、「iPhone 6」「iPhone 6s」「Apple Watch」などのデバイスから近距離無線通信(NFC)経由で買い物の支払いを出先であっても済ますことを可能にする。また、Apple Payは、指紋を使うだけでiPhoneや「iPad」上にあるアプリ内の支払いも可能にもする。

China UnionPayとの提携により2016年に中国進出を果たすApple Pay
Apple Payは2016年、China UnionPayとの提携により中国に進出する。China UnionPayは中国で銀行間支払いを唯一扱う銀行である。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集