Kickstarter

丸くて可愛らしい自律飛行ドローン「Fleye」--プロペラが露出せず安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドローンというと、クアッドコプターのように複数のプロペラがついた飛行ラジコンを思い浮かべる。しかし、子どものころに夢見たコンパニオン飛行ロボットは、ヘリコプターのお化けなどではなかった。

 クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集を開始した「Fleye」こそ、懐かしいSFやコミックで活躍した飛行ロボットの姿ではないだろうか。


これこそコンパニオン飛行ロボットという形状(出典:Kickstarter)

 Fleyeは、直径23cmの「サッカーボール」のような丸みを帯びたドローン。大きなプロペラを1つだけ搭載し、その周囲をカバーで覆っている。プロペラが露出しないため、人間の近くを飛ばしても安全だ。建物に衝突しても破損せず、墜落することもない。


プロペラが露出しないので安全(出典:Kickstarter)

 動作は、無線LAN(Wi-Fi)接続したスマートフォンのアプリでコントロールする。加速度センサ、ジャイロスコープ、磁気センサ、高度計、近接センサ、GPS、移動トラッキング用の下部カメラなどを備え、自律飛行が可能。空中の1カ所でホバリングするモードのほか、上部のカメラで「自撮り」「パノラマ」などの撮影に使う飛行モードも選べる。もちろん、スマートフォンの画面で操縦するマニュアル飛行もできる。


周囲の状況を認識して自律飛行(出典:Kickstarter)

 Fleyeの各種機能にアクセスするためのAPIが公開され、SDKで独自アプリの開発も容易だ。OpenCV、OpenGL、OpenCLといった技術に対応している。人間とぶつかっても負傷させたりしないので、Fleyeとの鬼ごっこゲームを開発するなど、従来のドローンでは難しかった用途に使いやすい。


APIとSDKでさまざまな応用が可能(出典:Kickstarter)

 飛行時の最大速度は時速15km。風速2.2m程度の風のなかで飛行可能。ホバリング時の精度は±10cm。1回の充電で10分の飛行が可能。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間2016年1月16日まで。目標金額の17万5000ユーロに対し、記事執筆時点(日本時間2015年12月7日15時)で約8万4000ユーロの資金を集めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加