logo

サムスン、「Gear VR」向けウェブブラウザのベータ版を公開

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2015年12月03日 12時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンの「Gear VR」を持っている一部の「Galaxy」ユーザーは、同デバイス向けウェブブラウザのベータ版をダウンロードできるようになった。

 このブラウザは「Samsung Internet for Gear VR」という名称で、サムスンによると、360度の3D動画のストリーミングや、インターネット上の標準的なHTML5動画に対応するという。

 このブラウザでは、テキスト入力をサポートするために、音声認識とスクリーンキーボードを使用する。また、「Gaze Mode」により、ユーザーが視線を向けるだけでメニューを選択できると、サムスンはアピールしている。

 Gear VRでディスプレイとして使用されるGalaxyデバイスのブックマークをインポートして表示することもできるが、インポートに対応しているのは「Android」にあらかじめ搭載されているサムスン製ブラウザのみだ。

 Gear VRはOculusと共同開発した仮想現実(VR)ヘッドセットで、一部のGalaxyスマートフォン(「Galaxy S6」「Galaxy S6 edge」「Galaxy S6 edge+」「Galaxy Note 4」「Galaxy Note 5」)をディスプレイとして利用する。


提供:Samsung

提供:Samsung

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集