logo

JBL、最大出力200Wの2.1chホームシアターシステム「CINEMA SB250」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハーマンインターナショナルは12月2日、JBLブランドより、2.1chホームシアターシステム「CINEMA SB250」を発表した。発売は12月12日。公式直販サイトの税別価格は4万880円となる。


「CINEMA SB250」

 SB250は、現行モデル「CINEMA SB350」の高音質サラウンドを継承しながら、家庭用に映像や音楽視聴をより快適にする機能を搭載したシアターシステム。最大出力200Wのパワードライブと「HARMAN Display Surround」モード搭載により、迫力と臨場感あるサラウンドを実現した。

 55mm径ミッドレンジドライバと32mm径ドームトゥイータが、中域から高域までクリアで奥行感ある音を再現し、サブウーファで低音の厚みを表現。サブウーファとサウンドバーはワイヤレス接続のため、設置の自由度が高いほか、サウンドバーは付属の金具を用いて壁掛けも可能だ。

 PCやスマートフォン、タブレットなとの対応機器とBluetooth接続が可能で「Stereo」モードはHi-Fi再生にも対応。テレビ視聴中に、Bluetooth接続した対応機器で音楽を再生すると、自動的に音声がBluetooth再生に切り換わる「JBLサウンドシフト」機能も搭載している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集