logo

サムスン、苦戦するモバイル部門の責任者を交代

Shara Tibken Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2015年12月02日 11時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 韓国電子機器大手のサムスンは、減少しているスマートフォン販売の回復を目指し、モバイルコミュニケーション部門の新たな責任者を任命した。

 サムスンは、年1回の役員人事で、同社のスマートフォン事業の日常管理が、共同最高経営責任者(CEO)のJK Shin氏からDongjin Koh氏に引き継がれると説明した。Dongjin Koh氏は直近では同社のモバイルに関する研究開発業務を統括していた。2009年からサムスンのモバイルコミュニケーション事業の責任者を務めてきたShin氏は、サムスンのモバイル部門担当CEOにとどまり、長期戦略に集中する。

 今回の人事は、サムスンがスマートフォン事業の復活を目指すなかで発表された。同社のスマートフォン事業は過去2年間、利益および市場シェアの減少に苦しんでいる。サムスンはスマートフォンの王者にとどまっているが、ハイエンド市場の飽和と、ローエンド市場の高まる圧力によって、大きな打撃を受けてきた。


サムスンのスマートフォン部門は6年ぶりに責任者が交代した。
提供:Juan Garzón/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集