logo

[ブックレビュー]今すぐ身につけたい--「感じのよい英語 感じのよい日本語」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
くろしお出版
詳細:単行本(ソフトカバー) / 138ページ / くろしお出版 / 価格:1296円 / 著者:水谷信子 / 発売日:2015/02/27 / 外形寸法 (H×W×D):18.2cm×13.0cm×1.8cm / 重量:0.2 kg
内容:母語でないとなかなか身につきづらい“ちょっとした言い回し”。日本語では自然にできても外国語での言い換えはなかなか難しい。会話だけでなく、文書、メール、マニュアルなど、あらゆるシーンで役立つ感じの良いの言い方とは。
Amazon.co.jpアソシエイト

 母語については、子どもの頃から自然と話すようになっているため、ちょっとした語彙の選択や、ニュアンス、語調などを、意識せずに使い分けることができる。しかし、外国語となると、なかなかそうはいかない。ビジネスパーソンが最も使う機会が多いであろう英語でも、ちょっとした言い回しや言い方で、誤解を招いてしまった経験がある人もいるだろう。なぜ、そのようなことになってしまうのかを、日本語と比較することで気づかせてくれるのが本書だ。

 本書は学術書だが、英語を話す外国人、あるいは、日本語を話す外国人と接する機会の多い人なら、知っておくとコミュニケーションの助けになるであろう、重要な考え方が示されている。「なぜ、その言い方では失礼だと感じるのか」を、日本語側と英語側の両方から考察し、より良いコミュニケーションのために、推奨される表現例が提示されている。

 要するに、円滑なコミュニケーションのためには、文字通りの「直訳」ではだめで、お互いの文化から想定される言い方への置き換えが、非常に大切なのだ。これは、直接的なコミュニケーションの場でのみ考慮されることではなく、文書やメール、マニュアルなど、あらゆる場面で考えなければならないことなのだと、気づかされる。

-PR-企画特集