logo

グーグル頼りの体質から脱却したモジラ--今後の課題と展望は

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 湯本牧子 (ガリレオ)2015年11月27日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Mozillaは、かつて多くの収入をGoogleから得ていたが、今はそれがなくても順調にやっている。

 広く利用されているブラウザ「Firefox」を開発するMozillaは米国時間11月25日、売り上げはもうGoogle頼りではなく、新たな複数の検索エンジン契約によって、得られる資金が増加することを確信していると語った。Googleは長年、Firefoxからのウェブ検索に料金を支払い、実質上Mozillaのスポンサーになっていた。

 発表されたばかりのMozillaの2014年の決算報告によると、非営利組織であるMozillaはこの年、3億3000万ドルあった売り上げのほとんどが、Googleとの検索契約によるものだった。

 カリフォルニア州マウンテンビューを拠点とするMozillaは、2014年末にGoogleとの世界規模の契約をやめ、代わりに、米国ではYahoo、中国ではBaidu、ロシアではYandexと、Google以外の検索エンジン企業と地域ごとの契約を結ぶことにした。

 Mozillaの最高事業責任者と最高法務責任者を兼任するDenelle Dixon-Thayer氏によると、欧州のFirefoxユーザーにとっては今もGoogleがデフォルトの検索エンジンだが、現在のところMozillaはGoogleからまったく売り上げを得ていないという。

 Dixon-Thayer氏は、「現時点で、当社とGoogleとの間に営業上の関係はない」と述べた。同氏は、収入のチャンスをみすみす逃していることを認めたが、このアプローチによってMozillaは柔軟性を得られる。「大切なのは、どうすれば競争を活性化させられるかというわれわれの戦略だ」(Dixon-Thayer氏)

 Mozillaにとって、競争の活性化とは消費者がオンラインで情報やサービスを利用する際の選択肢を増やすことだ。しかし、オンラインの世界はPCの枠を超えて、AppleやGoogleなどの企業が厳しくコントロールするモバイル体験にまで拡大しつつある。

 Mozillaの自立によって、そうした巨大企業が権力の座を乱用し、検索結果を自分たちに都合よく歪曲したり、競争相手のコンテンツへのアクセスをブロックしたりすることは難しくなる。

 GoogleとMozillaはそれぞれ、Eコマース、ブログ、ソーシャルネットワーク、ニュース、コミュニケーションなどの活動にとってウェブがよりよいものになることを目指しており、協力することが多い。しかし、オンライン活動の選択肢を確保するというMozillaのミッションを巡り、GoogleとMozillaは見解を異にすることが多々あることを考えると、両者が金銭面で親密な関係を築くのはおかしなことだった。Googleは、スマートフォン用OSの「Android」や、それと関連する「Google Maps」「Gmail」「YouTube」「Google Music」「Google Docs」などの多くのサービスに対し、厳格なコントロールを維持している。

-PR-企画特集