韓国にもVRの波、スマホゲームやPCオンラインゲームに熱中--G-STAR 2015

佐藤和也 (編集部)2015年11月13日 17時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 会場は釜山の国際コンベンションセンターとして知られるBEXCO。主に一般展示エリアのBtoC、商談エリアのBtoB、eスポーツイベントを行うスペースで構成されている。

 会場は釜山の国際コンベンションセンターとして知られるBEXCO。主に一般展示エリアのBtoC、商談エリアのBtoB、eスポーツイベントを行うスペースで構成されている。

 11月12日より、韓国の釜山にてゲームイベント「G-Star 2015」が行われている。これは例年行われている韓国最大のゲームイベントで、今回で11回目。開催期間は11月15日まで。

 これまでは、出展するタイトルの多くが韓国ゲーム市場を表すようにPCオンラインゲームが中心となっていた。もっともここ数年ではスマートフォン向けゲーム市場が急速に拡大したことを背景に、スマホゲームタイトルの存在感が強まっているという。特に今回のメインスポンサーが、モバイルゲーム会社の4:33 Creative Labに選定されたこともその象徴と受け取られている。

 ちなみに今回一般展示コーナーといえるBtoCエリアで目立ったのが、ひときわ大規模ブースを構えたネクソンの現地法人であるNexon Korea。PCオンラインとスマホゲームを複数展開したほか、同社のコンテンツを題材にユーザーが制作したグッズの販売も行っていた。

 またVRヘッドセットの「Gear VR」や「Oculus Rift」を活用したコンテンツを出展するブースも多数見受けられたのはじめ、ソニー・コンピュータエンタテインメントの現地法人が出展し「PlayStation VR」をお披露目。体験コーナーにユーザーが多く集まるなど、VRに対する関心が韓国でも高まっていることが感じられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加