logo

アップル「Magic Trackpad 2」レビュー--不満点を一挙に解消し、快適に - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電池と接続の問題を一挙に解消

 Magicシリーズで新たに採用された共通仕様は、乾電池からバッテリ内蔵になったこと、Lightningポートを搭載したこと、Bluetooth 4.0をサポートしたことの3点だ。この3つの要素によって、前述の電池の問題と接続の問題を解決してくれた。


Magic Trackpad 2の包装。「2」の文字はパッケージには書かれていないため、製品の写真で新モデルと判断する必要がある

 Magic Trackpad 2は、バッテリ内蔵となり、用意されたLightningポートを使って充電する仕組みへと変更。お察しの通り、煩わしい電池交換や充電池の充電は不用となり、iPhoneでも利用しているUSB-LightningケーブルをMacと接続するだけで充電が完了する。


パッケージの中身。Lightningケーブルが付属しており、ペアリング、充電、有線接続で利用できる

 しかも、製品にはLightningケーブルが付属してくるため、iPhoneやiPadユーザーとしては、予備の(高額な)ケーブルが手に入る点でもうれしい。ちなみに、Lightningケーブルは、充電だけでなく、Bluetooth接続のペアリングの作業にも利用できる。


もちろんケーブルはiPhoneやiPadでも利用できる

 充電時間は2時間で満充電されるが、5分程度で9時間駆動するだけの電力を蓄えられるという。ただし、充電時間を考えなくても良いだろう。その理由は充電しながらでも、Macで利用し続けられるからだ。

 Magic Trackpad 2のBluetooth接続は、同じ部屋でもきちんとつながり続けてくれていた。これまでであれば、頻繁に接続解除の表示が出る難しい環境であったが、無線の接続の信頼性は上がっているようだ。

 もしもそれでもMagic Trackpad 2の無線接続が干渉を受けて不安定になる場合でも、解決策が用意された。前述のLightningケーブルを挿しっぱなしにして使う場合、Bluetoothはオフになり、MacとはUSB経由での接続になるからだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]