logo
Kickstarter

紙飛行機をカメラ搭載ドローンにする「PowerUp FPV」--リアルタイム映像配信が可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドローンは人気があるせいか、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」でも多くのプロジェクトを目にして食傷気味だ。しかし、今回見つけた「PowerUp FPV」は、ひと味変わっているので紹介しよう。


一風変わったドローン(出典:Kickstarter)

 PowerUp FPVは、自分で折った紙飛行機を飛ばせるドローンユニット。操縦にはスマートフォンを使う。映像をライブストリーミングできるカメラを搭載しているので、本格的な空撮が楽しめる。撮影したビデオや写真は、内蔵microSDカードに保存できる。


自分で折った紙飛行機がドローンになる(出典:Kickstarter)

 操縦用スマートフォンとは、無線LAN(Wi-Fi)で最大300フィート(約90m)離れてライブストリーミング可能。真上に飛ばせば、高度300フィートから空撮できることになる。最大速度は時速20マイル(およそ時速32km)、1回の充電で最大10分間飛べる。


カメラの向きは変更できる(出典:Kickstarter)

 操縦はオートパイロットのほか、スマートフォンアプリの操作パッドを使う。スマートフォンを挿入するタイプのヘッドマウンドディスプレイ(HMD)を使えば、頭の向きを変えることで操縦できるという。HMDの場合は、紙飛行機に乗って飛んでいるような感覚も味わえる。


HMD操縦モードだと自分が飛んでいるようだ(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間2016年1月10日まで。目標金額の10万ドルに対し、記事執筆時点(日本時間2015年11月11日17時)で約13万ドルの資金をすでに集めている。

-PR-企画特集