ソニー、ベータビデオカセットの出荷を2016年3月に終了へ

加納恵 (編集部)2015年11月10日 21時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは11月10日、ベータビデオカセットとマイクロMVカセットの出荷を、2016年3月で終了すると発表した。これにより、ソニーにおけるベータマックスフォーマットの記録メディアとマイクロMVフォーマットの記録メディアの出荷はすべて終了する。出荷終了となる記録メディアは以下の通り。

ベータビデオカセット

  • EL-500B
  • 2L-500MHGB
  • 2L-750MHGB
  • L-25CLP(ベータビデオ用クリーニングテープ)

マイクロMVカセット

  • MGR60
  • MGRCLD(マイクロMV用クリーニングテープ)

 ベータビデオカセットは、家庭用ビデオフォーマット「ベータマックス」の記録メディアで、ソニーでは1975年から生産を行ってきた。ビデオテープレコーダーの生産は2002年に完了している。

 一方、マイクロMVカセットは、デジタルビデオカメラの記録方式「マイクロMVフォーマット」の記録用テープメディアで、同フォーマット対応のビデオカメラの生産は2005年に完了している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加