Kickstarter

馬に装着するウェアラブル端末「Balios」--馬術の訓練を効率化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乗馬のテクニックを競う馬術は優雅に見えるが、激しく動く馬を乗りこなし、馬とタイミングを合わせて障害を飛び越える激しいスポーツだ。馬との信頼関係を築くためにも、日頃のトレーニングの積み重ねが欠かせない。

 そうしたトレーニングの効率を高めるスマートデバイス「Balios」が、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」に登場した。


馬術トレーニングを効率化するウェアラブルデバイス(出典:Kickstarter)

 Baliosは、鞍の腹帯に取り付けて使う馬用のウェアラブルデバイス。スマートフォンとの通信機能や加速度センサを搭載しており、トレーニング時の馬の動きを記録できる。


馬の動きをセンサで計測(出典:Kickstarter)

 トレーニング中のデータはBalios内のメモリーに保存するので、スマートフォンと連携させる必要はない。単純に馬の動きを記録するだけでなく、馬の健康状態や運動量が適切かどうか判断するためのデータも取得する。スマートフォンと通信できる状態になると、保存済みデータが転送され、アプリでさまざまな分析ができる。


スマホと連携(出典:Kickstarter)

 アプリでは、走った時間や走り方、跳躍の回数などを確認可能。トレーニング時にBaliosとスマートフォンを連携させておくと、走行ルートのトラッキングや跳躍の細かなデータも得られる。


トレーニングの内容を客観的に確認(出典:Kickstarter)

 馬の体を守るため、馬が跛行(はこう)と呼ばれるおかしな歩き方や走り方をすると、直ちにアラームで教えてくれる。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間12月7日まで。目標金額の5万ユーロに対し、記事執筆時点(日本時間11月6日14時)ですでに約7万7000ユーロの資金を集めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加