logo

ヤマハ、Wi-FiとBluetooth対応ワイヤレスストリーミングスピーカ「WX-030」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは10月29日、Wi-Fi機能を内蔵し、Bluetoothや「MusicCast」にも対応したワイヤレスストリーミングスピーカ「WX-030」を発表した。発売は11月上旬。税別価格は4万円となる。

 WX-030は、高さ157mm×幅234mm×奥行き113mmという小型ながら、9cmウーファと3cmトゥイータの2ウェイスピーカーユニットを内蔵し、大型のパッシブラジエータを搭載。カラーはホワイトとブラックの2色を用意している。


「WX-030」

 Wi-Fi接続によるネットワーク上の音楽や、Bluetooth対応機器の音楽のワイヤレス再生が可能なほか、インターネットラジオやAirPlayも楽しめる。ヤマハの音質改善技術「ミュージック・エンハンサー」も搭載し、192kHz/24bitのWAV/FLAC/AIFF、96kHz/24bitのALACなどハイレゾフォーマットにも対応した。

 MusicCastにも対応し、ネットワーク上のコンテンツやスマートフォン、タブレット、MusicCast機器の音楽を、「MusicCast CONTROLLER」アプリを使って操作したり、複数のMusicCast機器間でシェアしたりすることが可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集