logo

LINE、Q3売上額は322億円--アジア地域でアクティブユーザー数が拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは10月29日、2015年7~9月期(第3四半期)の業績を発表した。7~9月期の全体(LINE PLUS、LINE Business Partnersを含めた連結業績)の売上額は322億円(前期比16%、前年同期比35%増)。基幹事業であるLINE事業単体7~9月期の売上額は299億円(前期比18%、前年同期比38%増)となった。


 LINEの月間アクティブユーザー数(MAU)は、グローバルで約2億1200万人、トップ4カ国(日本、タイ、台湾、インドネシア)では成長を続け、約1億3700万人(2015年9月実績)となった。4~6月期に引き続き急速にユーザー拡大を続けるインドネシアをはじめ、アジア地域に注力した結果、シェアが拡大している。

 ゲーム事業においては、「LINE:ディズニー ツムツム」や「LINE レンジャー」をはじめとする既存タイトルの売上が引き続き堅調に推移しているという。加えて、7~9月期は、グローバルで7タイトルを新たにリリースした。7月に台湾・香港・マカオでリリースした、TVアニメ「ONE PIECE(ワンピース)」が題材の「LINE: ONE PIECE 秘寶尋航」(「LINE:ONE PIECE トレジャークルーズ」)は、台湾のApp Storeの売上ランキングで1位を獲得するなど好調に推移しており、今後展開国を拡大していく予定だという。

 また、中華圏を中心に展開しているモバイルゲーム企業LongTu Koreaとの共同出資による新会社「Lantu Games Limited(ランツ ゲームス)」を設立し、アジア圏を足がかりに、グローバルでの市場開拓を進めるとしている。

 広告事業においては、グローバルで公式アカウント・スポンサードスタンプの広告主が引き続き順調に増加していることに加え、動画視聴型インセンティブサービス「LINE フリーコインVideo」のリピートクライアントが多く、堅調に売上を伸ばしている。

 企業向けAPIソリューション「LINE ビジネスコネクト」では、インテルとのソフトウェア開発者向け技術情報支援と、IoT対応ソリューションの導入促進を目的とした連携をしている。また、マイクロソフトとの連携による人工知能「りんな」を活用した人工知能(AI)型のLINE公式アカウントを企業向けに提供開始したことにより、企業の公式アカウント利用における選択肢の拡大、利用を促進している。

 プラットフォーム事業においては、日本とタイで展開している音楽配信サービス「LINE MUSIC」が、6月のサービス公開以降、ダウンロード数860万件(10月21日時点)、月間アクティブユーザー数400万人(9月末時点)を超えるなど、順調に成長を続けているという。

 さらに、自撮り専用カメラアプリ「B612」は、アジア、中南米地域に加えて東ヨーロッパ地域などを中心にユーザーを拡大し続け、世界累計1億ダウンロード(10月9日時点)、月間アクティブユーザー数は5000万人を記録するなど、グローバルにおいて成長している。

 日本で展開しているアルバイト求人情報サービス「LINE バイト」では、登録ユーザー数600万人(10月時点)を記録し、初のTVCMを放映するなど積極的なマーケティング活動を実施中。電子コミックサービス「LINEマンガ」では、出版事業への参入を発表し、今後は海外展開なども視野に入れたサービス拡大を検討しているという。

-PR-企画特集