logo

MSの最高エクスペリエンス責任者、「Office」エンジニアリング統括職を兼務へ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉2015年10月28日 12時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの再編計画は継続しており、同社のApplications and Services Group(ASG)はこのほど、幹部を刷新した。


 Re/codeが最初に報じたように、Microsoftの最高エクスペリエンス責任者を務めるJulie Larson-Green氏はさらにいくつかの職務を兼任することになり、現行職に「Office」カスタマーエンジニアリングの仕事が追加される。

 過去数年間は、コーポレートバイスプレジデントのKirk Koenigsbauer氏がOfficeのクライアントとサービスを統括していた。Re/codeの記事によると、Koenigsbauer氏は最高マーケティング責任者を務めるChris Capossela氏の組織における新たな役職に異動するという。

 筆者がMicrosoftにコメントを求めたところ、同社の広報担当者は、Larson-Green氏がこれらの新しい職務を兼務することを会社として認めると述べた。Koenigsbauer氏はCapossela氏の下でASG Marketingを統括する。

 MicrosoftのCloud & Enterpriseチームは先ごろ、組織改編を行い、いくつかの新しいグループと一部の幹部向けに新しい職務が追加されることになった。この一環としてT.K. Rengarajan氏は、同事業部門からTechnology and Researchグループの新たなポジションに異動した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集