logo

[ブックレビュー]“センス”は訓練で身につく--「もっとクイズで学ぶデザイン・レイアウトの基本」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
翔泳社
詳細:単行本 / 128ページ / 翔泳社 / 価格:1944円 / 著者:ハラヒロシ、ハヤシアキコ、平本久美子 / 発売日:2015/08/22 / 外形寸法 (H×W×D):25.6cm×18.0cm×1.0cm
内容:デザインやレイアウトの良し悪しを見極めるのは、生まれもった才能と思っていないだろううか。そうした“勘”よりも、ビジネスで必要になるのは論理的に説明的できる能力だ。「デザインセンスは生まれつき持っていないから……」と諦めず、訓練を積んでみよう。

 デザインの「A案とB案、どちらがいいか」の選択を迫られることが多いなら、本書を利用して、デザインとレイアウトのセンスを磨くことをお勧めする。ここで言う「センス」とは、その人の生まれ持った才能や、ぼんやりとした勘などではなく、論理的に説明できる能力のことだ。

 本書は、「クイズで学ぶデザイン・レイアウトの基本」の続編だが、前作を知らなくても十分に勉強になる。デザインを決定する際には、最も重視することは何か、どの媒体で出すのか、サイズはどれくらいか、色は何色使えるのかなどの制約のほかに、見る人に与える印象と、それを見た後のアクションなども想定しなければならない。つまり、考えるべきことがたくさんあるということだ。それを「なんとなく」で決めてしまっては、考えていたような効果が得られないこともあるのだ。

 本書では、クイズ形式で、デザインの良い点と悪い点を見抜く訓練が行える。良くない方のデザインは、若干むりやり感が否めないところもあるが、解説を読めば納得する。こういうセンスは、たくさんの経験を積むうちに培われることでもあるが、本書を何度も繰り返し読むことで、疑似的な経験を積める。

-PR-企画特集