logo

配信+宅配で品ぞろえ日本一--国産VOD「TSUTAYA TV」が目指した“日本的”進化 - (page 3)

加納恵 (編集部)2015年10月26日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二倍速視聴やダウンロード、使い勝手は極めて日本的に進化するべき

--テレビ、スマートフォン、PCなどのマルチデバイス化によって、映像作品を見るきっかけ作りは、多方面からのアプローチが求められそうですね。

 きっかけ作りもそうですが、マルチデバイス化によって視聴の仕方も変わってきました。今回のリニューアルでは、0.5~2倍まで再生速度変更機能を採用しています。

 これはユーザーのヒアリング調査などから出てきたニーズなのですが、最初聞いたときには本当に必要なのかなと。しかし実際に搭載されてみると、通勤時など、電車内で見るときに思いのほか便利なんですね。TSUTAYA TVでは作品をオフラインでも視聴できるダウンロード機能も備えていますが、こちらと合わせて使用されている人は非常に多いです。

 パケット代が気になるからダウンロード、移動時間でも見やすいように再生速度変更などは極めて日本的な発想だと思いますが、こうした細かやな対応が使い勝手を良くしていくのだと感じていて、そこに関してはかなりシビアに取り組みました。


0.5~2倍まで再生速度変更機能を採用

 2015年は動画元年と言われていますが、これだけサービスが登場してきても、VODはまだ日本に根付いていないと感じます。米国では有線放送や有料放送が日常的に受け入れられていますが、日本は地上波で、コンテンツは無料というのが当たり前の世界。「有料でネット視聴」といってもなかなか切り替えてはくれません。

 今必要なのはオンデマンドで映画やドラマを見るという文化を作ることです。サービス事業者が増えて、ライバルも増えた、とよく言われますが、ライバルでもありますが“同志”でもあると思っていて、一緒に啓蒙活動をやって、この市場を広げていきたいと思っています。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]