logo
Indiegogo

電子レンジで加熱できるノート「Rocketbook」--手書きメモをクラウドへ送信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 整理できていないアイデアを忘れないようにメモするなら、PCやタブレットなどより紙のノートの方が使いやすい。しかし、書いただけでは紙の山に埋もれてしまうので、スマートフォンで撮影したノートの画像をEvernoteなどに保存して活用する人が多いだろう。こうした紙情報のデジタル化に特化したノートと専用スマートフォンアプリも存在する。

 今回紹介するのは、こうした手書きメモをデジタル化してクラウドストレージに保存するためのノート「Rocketbook」。クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で目標金額の3563%も集めてキャンペーンを終えた人気の秘密は、電子レンジ対応にあるらしい。


電子レンジ対応のノート(出典:Indiegogo)

 Rocketbookは、書いたメモをスマートフォンなどで撮影すると、専用アプリがユーザーの使っているクラウドストレージに画像をアップロードしてくれるノート。アップロード先は、各ページの下部に7つあるマークのいずれかを塗りつぶして指定する。

 たとえば、塗りつぶすマークが飛行機ならDropbox、音符ならEvernote、魚ならGoogle Docs、王冠ならOneNoteへ保存する、といったように指示できる。画像をメールで送信することも可能。ただし、この程度の機能を実現するノートとアプリは、すでに多数ある。


マークを塗って保存先を指定(出典:Indiegogo)

ページをめくれば一度に2ページ分をデジタル化(出典:Indiegogo)

 Rocketbook最大の特徴は電子レンジに入れて加熱できることだが、ノートを温められると何かメリットがあるのだろうか。

 電子レンジ対応の真価は、メモをパイロットの筆記用具「フリクション」で書くと発揮される。フリクションは、書いた部分をペンのお尻で擦ると摩擦熱によって色が消える特殊なペン。Rocketbookはこの仕組みを利用し、書いたものを電子レンジで一気に消せるようにした。つまり、1冊のノートを使い切っても、電子レンジでまっさらな状態に戻して何回でも使えるのだ。

 消すための“加熱”時間は30秒。Rocketbookの開発チームは、「ランチのついでにノートを白くしよう」としている。


ランチのついでにノートをまっさらに(出典:Indiegogo)

 Indiegogoのキャンペーンは、95万7766ドルもの資金を集めて終了した。

-PR-企画特集