logo

マイクロソフト前CEOのバルマー氏、Twitter株4%を取得--第3位の株主に

Chris Matyszczyk (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2015年10月19日 10時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの前最高経営責任者(CEO)、Steve Ballmer氏が新たな投資を行った。同氏は新しく作成した(その後すぐに認証された)Twitterアカウントで、Twitterの株式を取得したと述べた。

 Ballmer氏は次のようにツイートした。「いい仕事だ、@twitter@twittermomentsのイノベーション、@jackCEO、スリムになり、的も絞られている。ここ数カ月で4%(の株式)を購入して良かった。@alwaleedbinT(サウジアラビア王子)の動きもいい」

 このツイートにより、Ballmer氏がTwitterの第3位の株主となり、約3%を保有する同社の新CEO、Jack Dorsey氏より多くの株式を保有していることが明らかになった。サンフランシスコを拠点にマイクロブログサービスを提供するTwitterの最大株主は、同社の共同創設者であるEvan Williams氏で、約6.8%を保有している。

 Twitterの広報担当者は筆者に対し、このアカウントがBallmer氏本人のものとして認証されたことを認めたが、出資については明言しなかった。Ballmer氏にコメントを求めたが、本稿執筆時点で回答は得られていない。Bloombergは、Ballmer氏が出資を認めたと報じるとともに、出資額は現在の評価額で約8億4000万ドルになると伝えている。

 Ballmer氏がTwitterの新CEOであるDorsey氏とサウジアラビアのAlwaleed bin Talal王子を称賛したことは、Twitterに新たな勢いがあるとのBallmer氏の考えを示唆するものだ。Alwaleed王子は先ごろ、自身と自身が経営する投資会社のTwitter保有株式を5%超に引き上げた。

 Ballmer氏が出資者としてどれくらい能動的になるかは不明だ。ただし、同氏が少しでも受動的になるとは考えにくい。

 Twitterは先ごろ、従業員の約8%を解雇しており、Ballmer氏がこの規模縮小をよい動きと考えているのは明らかだ。ウォール街はBallmer氏の出資を好感し、Twitterの株価は同氏の発表後に約3%上昇した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集