logo

マイクロソフトとLG、提携をIoT分野に拡大

Philip Iglauer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年10月19日 08時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftとLG Electronicsは韓国で現地時間10月14日、モノのインターネット(IoT)機器向けの「Windows」OSを開発するための新たな提携を発表した。

 MicrosoftのWindows and Devices Group担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるTerry Myerson氏は、ソウルにあるLG本社で開かれたLGのハードウェアに関するイベントに出席した。このイベントでLGは、「Windows 10」を搭載する多数の新端末を発表した。LGとMicrosoftは最近、多数の分野で提携しており、IoT機器に関する今回の提携はその延長線上にある。

 「MicrosoftのWindows 10を搭載するLGの超薄型ノートPC『LG gram』はMicrosoft Storeにおいて世界中で好調な売れ行きを示しており、われわれの提携はそれを実現したのと同じ力に基づいている」とMyerson氏は述べた。

 Myerson氏に加わって登壇した、LG Electronicsのホームエンターテインメント部門を統括するKwon Bong-seok氏は、「Microsoftとの提携によって、われわれは市場初となるWindows OSベースのIPTVも発表した。そして今度は、Windows OSを利用する新しいIoT機器を開発することができる」と述べた。

 LGのTV部門を統括するKwon氏は、タブレットやさらなるノートPCなど、Windows 10搭載の他の機器を2015年末までに投入するべく同社が準備中であることを明かした。しかしKwon氏は、Windows搭載スマートフォンが登場するかどうかについては明言しなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集