logo

ライドシェアのLyft、ドライバーへの割引でShellやHertzと提携--売上入金アプリも

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年10月13日 12時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Lyftは米国時間10月8日、石油エネルギー企業Shellおよびレンタカー会社Hertzと提携したことを発表した。また、決済サービスのStripeと共同開発した新しいアプリ内機能もリリースした。このアプリにより、ドライバーは乗客から受け取った運賃を容易に現金化できるようになる。

 Lyftの事業戦略担当責任者であるDavid Rust氏によると、Lyftのドライバーにとって最大の経費はガソリン代だという。このコストを抑えられるように、LyftはShellと提携して給油割引プログラムを開始した。ドライバーはShellのスタンドで給油すればするほど、ガソリン代がより割安になるとRust氏は述べた。

 「基本の割引額は1ガロン(約3.8リットル)あたり3セントで、(給油量に応じて)そこからさらにアップする」(Rust氏)

 給油割引プログラムはまず、サンフランシスコ、シカゴ、ボストンで提供開始され、2016年前半には全米1万2500カ所のShellのガソリンスタンドに展開される予定だ。

 また、Lyftは「Express Pay」と呼ばれる新しいアプリ内機能も発表した。Express Payにより、ドライバーは売上高が50ドルに達した時点でLyftアプリ内の「cash out」ボタンを押すことで、その金額を銀行口座に入金することができる。LyftはStripeと共同でこの機能を開発しており、決済処理はStripe側が実行する。この機能は11月に提供開始される予定だ。

 Lyftはさらに、Hertzとの提携も発表した。HertzはLyftのドライバーを対象に、1日単位、週単位、月単位のレンタル料金に対してディスカウントを提供する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集