logo

ロシア、グーグルに「Android」からのアプリ分離で期限提示

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 水書健司 高橋朋子 (ガリレオ)2015年10月06日 11時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もし、Googleがロシアの規制当局からの新たな要求に応じるとなると、同社は山のような作業に追われることになる。ロシア当局は11月18日を期限に、同国で市場シェア65%を占める人気モバイルOS「Android」から一部アプリのバンドルを外すようGoogleに命じていると、Re/codeが報じた

 独占禁止法違反を監視するロシアの連邦反独占庁(Federal Antimonopoly Service of Russia:FAS)は、声明で次のように述べている。

 「市場の競争を回復するため、Googleは1カ月以内にモバイル機器製造者との契約内容を修正し、反競争的条項を削除すべきだ」

 今回のような問題はGoogleにとって新しいものではなく、すでにEUの複数の機関がGoogleを同様の調査の対象としている。ロシアの場合は、同国のインターネット検索会社Yandexの申し立てを受けてFASが対応に動いた。

 現地時間10月5日付けでFASが発表したロシア語の声明は、AndroidのデフォルトブラウザとプレインストールされたGoogleアプリの変更可能性に関する記述が大部分を占める。この件について、Googleは現在のところ公式な声明を出していない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集