LINE、インテルと開発者向けの技術情報支援とIoTソリューション導入促進で連携合意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは10月2日、インテルとソフトウェア開発者に向けた技術情報支援とIoT対応ソリューションの導入促進を目的とした連携で合意したと発表した。同連携によりインテルは、「LINE」をソフトウェア開発者とのコミュニケーションプラットフォームとして使用し、情報共有の促進を図るという。

 まず、インドとインドネシアで、ソフトウェア開発者向けのLINE公式アカウントを開設。これらのアカウントを通して、インテルはフォロワーとIoT、ゲーム開発、インテルRealSense テクノロジー、Android、Windows開発などについての最新情報やリソースを共有する。

 公式アカウントは、インテルのソフトウェア関連アップデート、ツール、リソースが集約されている、インテル・ディベロッパー・ゾーン(software.intel.com)の延長線上にあるものとし、開発者やメーカー向けのオンラインコミュニティを形成するという。

 また両社は、ホームオートメーション、デジタルサイネージ、インテリジェント自動販売機などのIoTソリューション開発も協働する。APIの利用と外部データとの接続によって1to1や双方向のコミュニケーションが可能な「LINE ビジネスコネクト」を通し、リアルタイムなフィードバックキャプチャーとレポート作成などに取り組み、それらのソリューションを他パートナー企業に提供するという。

 さらに、これら取組みの皮切りとして、「インテル ソフトウェア・デイ 2015」で、キリンビバレッジバリューベンダーが、インテルプロセッサを搭載としたインテリジェント自動販売機を提供すると公表。この自動販売機は、キリンビバレッジバリューベンダー、サンデン・リテールシステム、ブイシンクによって開発されたもの。LINE ビジネスコネクトとの連携によりユーザーに新たな体験を提供し、マーケティングデータの管理によって、さらに優れた顧客体験の提案が可能になるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加