UQ、KDDIバリューイネイブラーの吸収合併を完了--新たなスマホ事業を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 UQコミュニケーションズは10月1日、KDDIバリューイネイブラーと合併し、新たなスマートフォン事業を開始したと発表した。同合併は、8月27日に発表されていたもの。


 UQコミュニケーションズは、2009年2月より「UQ WiMAX」ブランドによるモバイルデータ通信サービスを提供。KDDIバリューイネイブラーは、2014年12月から「UQ mobile」ブランドによるauのLTE通信に対応したMVNOサービスを展開している。両社は、モバイルデータ通信事業とMVNO事業の双方の事業基盤を生かした新たな価値の提供と、競争力の強化を目指し合併するという。

 合併方式は、UQコミュニケーションズを存続会社、KDDIバリューイネイブラーを消滅会社とする吸収合併。同社によると、WiMAXルーターに加えて、auの高品質なLTE通信に対応した「UQ mobile」ブランドのスマートフォンの提供を開始するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加